「若者の心の叫び」を紹介します。

更新日:1月11日

れは上智大学4年生のT.W氏の文章を紹介したものです。純粋な若者の前向きな苦悩と希望に感動しましたので紹介します。(やまがた育英会駒込学生会館HRより掲載)

「奪われた希望を求めて はじめに

 新型コロナウイルスは、どこかゴジラを彷彿とさせるものがある。そう考えるのは、私だけだろうか。  中国の武漢で、原因不明のウイルスが蔓延している。この一報をメディアが伝えて以来、瞬く間にコロナは世界に暗い影を落としていった。各国で感染者が確認されるにつれ、人々は溢れる情報と感染の恐怖にパニックに陥った。同時にコロナの恐怖は、私たちの当たり前の日常を―社会機構、既存の価値観、文化、生活といったあらゆるものを―破壊してしまった。  その姿はまるで、映画に登場するゴジラさながらではないか。2016年にヒットした『シン・ゴジラ』は記憶に新しい。自然災害や原発のメタファーとして描かれたその強大な敵に、人類は為す術を持ちえなかった。コロナに対して、世界は未だ何ら対策を講じることができないでいる。  このパンデミックの中、コロナという怪物の陰で、私たちは多くのものを破壊され、奪われつつあるのではないだろうか。

機会を奪われる私たち

 「まだ気分は高校生です。入学式もない。大学にも通えない。これが大学生って言えますか?実感なんて全く持てません。」  同じ寮に住む新一年生から、このような話を聞いた。  彼だけではない。今年から新たな立場と環境に身を置くはずだった若者たちは皆、永遠に「変わる」という機会を奪われてしまったのではないか、という思いに駆られた。

 人は、立場と環境の変化に応じて、精神的に成長を遂げるのだと思う。高校生が大学生になる。大学生が社会人として自立する。過去の自分では耐えられない仕事と責任を引き受け、乗り越えようとする。自分が置かれる立場と環境がガラリと変化し、味わったことのない空気を感じることで、身の丈に合わない肩書に徐々に精神などの中身が追いついていくのだ。  今年は、卒業式や入学式、入社式など多くの式典が中止された。このような通過儀礼はいささか面倒だが、自身の心に節目を設けるという意味では大きな役割を持つ。ずるずるとした変化で、何が変わったかはっきりと自覚できないままでは、つまり立場や肩書が変わったところで、環境にドラスティックな変化がなくては、生き生きとした実感を私たちは得ることができないのではないだろうか。私たちは、若者として経験しなくてはならない変化や成長の機会を―その際に得るはずだった別れや出会いの感情を―永遠に奪われてしまったのではないだろうか。

 やまがた育英会の学生寮でも、多くの新入寮生を受け入れられていない。埋まらない寮の空室は、私たちが本来得るはずだった―もう永遠に手に入れることのできない―経験や感情を暗示しているような気分にもなってしまう。

居場所はどこにあるのか

 私たちは本来、誰かとコミュニティを共有し助け合う生活に安心する。そこを自分の居場所とするのだ。だが、コロナの恐怖の後に残ったのは、それとは真逆の、殺伐とした、他者とのむき出しの関係性だけではないか、と思うことがある。  この関係が私たちを恐怖に陥れた例は、歴史上、枚挙にいとまがない。ペストが流行した西洋で、疑わしきを罰した魔女狩り。戦争中の日本で、反戦を掲げる者を糾弾した隣組制度。ハンセン病患者をライ者(差別用語)と呼び、社会的に抹殺したこと。私たちは、これらの愚行を歴史の過ちとして非難するが、コロナに見舞われる現在、私たち自身が過去と同様の愚行を犯しているではないか、という思いに囚われてしまう。  感染者を特定し、個人情報やプライベートな部分を不特定多数の他者に公開する。この愚行から得られるのは、安心ではなく、「仮に自分が感染したら」という恐怖ではないか。特に、若い世代は感染しても無症状の場合が多い。いたずらに県外へ出て、ウイルスを拡散させてしまったら、19世紀アメリカで、腸チフスを無症状のままばらまいたメアリー・マーロンと同じ轍を踏むことになってしまう。互いに監視し合い、冷たい視線と言葉が飛び交う中、現代のメアリーになってしまったら、今後、安心して生きられる場所など存在しなくなってしまう。