• kayobizzarri

イタリア、ミラノから。

最終更新: 2020年5月14日

イタリアの経済中心地であるミラノ。


そんなミラノは、華やかでリッチ(だった)。

特に、2008年のリーマンショックまでは。


その後は。


失業率も高く、不景気ながらも、歴史や文化の奥深さからか、元々、ミラノ、ミラネーゼに根付く豊かささえ、感じられることも少なくなく。


ファッションの発信地として世界中で有名なミラノでは、毎年シーズンごとに、ファッションショーなど、たくさんの華やかなイベントが行われる。

”ミラノファッションウイーク”である。

毎回、モデルや芸能人、有名人、そして世界中から、ファッション業界の人々がミラノへ集結する。そんな1週間の、ミラノ中心街は、交通渋滞が激しく、地元の者としては、ミラノへ他の用事などがあるときは、ファッションウイークは避けるほど。


2020年、2月21日。


COVID 19(コロナウイルス)に感染した最初のイタリア人患者が、ミラノから69キロ離れた、コドーニョという町で見つかった。その日、即、コドーニョが閉鎖された。そして、ミラノで新たな感染者が発表されたのが、数時間後のこと。


それは忘れもしない。


その週は、ちょうど、ミラノファッションウイークが行われていた。そして、たまたま、私はその1週間、メイドインイタリーの某有名ブランドのミラノ本社で働いていた。

本社へも、中国を含め、世界中からの関係者もたくさん来ていた。


パンデミックとなること、そして、イタリアで、更に、経済中心地であるミラノ、ベルガモがある、ここロンバルディア州で、第二次世界大戦時、1940年~1945年の5年間の死亡者数の7倍を超える14,000人以上が、2か月で亡くなる、この現実を、当時、誰も想定していなかったことでしょう。




ミラノの象徴であるミラノ大聖堂(Duomo)。

1386年に建設開始され、完成されたのが、400年後の1813年に完成された、ミラノ大聖堂。


ミラノ大聖堂は、美しく。


どの季節も、昼も夜も、それぞれ違うエレガントさを見せる。



第一段階とも言われる、この2か月のロックダウン。すべてが止まり。

人のいないミラノが報道され、人のいない大聖堂前のピアッツァ(広場)を見るのは、とても違和感があり、寂しげでもあり、またそんな非現実な空間にある大聖堂は、いつもと違うようで、変わらない美しさを放ち。


約2か月のロックダウンを終え、今週月曜、5月4日から、イタリア的に言うと、ウイルスとの共存、第二段階へと突入した。イタリアで重要な、自動車業界、ファッション業界を中心に、稼働している。そして、州内での移動は、必要最低限の範囲でできるようになった。それは、家族に会うこと。マスク着用は、必須。家族や親戚に会ってもよいが、会うだけで、親戚”たち”で集まってはいけない、という、つまり、食事などは、できない。


お店は、5月18日から開店可能。

飲食店、美容院、床屋は、6月1日から。

飲食店は、デリバリーの他、テイクアウトに限り、今週から可能になっている。


イタリア政府、特に、演説、パフォーマンスが好きな現在のイタリア首相は、国民に対し、そして企業への援助も約束しているが、全く実行が伴っていないため、嘘つきの代名詞でもある、ピノキオとも呼ばれている。


飲食店だけに限らないが、この2か月働いていない間に膨れ上がった、店舗代、光熱費、サプライヤーからの請求書。店内で、2メートルのディスタンスを保つための段取り、そして、店内の消毒などの経費を計算すると、全く採算が合わず、店を開ける事をあきらめるところも少なくない。そして、経営者の自殺も増えている。


ウイルス危機から、経済危機へと。


それぞれの自覚、責任感が問われると言われる、第二段階が始まったばかりではあるが。


昨日のミラノ。


おしゃれな飲食店などがたくさんある、ナビッリ地区。


たくさんの若者たちが、ビールを飲んだり、友達たちと群れていたり。


その映像をみた、ミラノ市長。


今朝は、乱暴な言葉を使うほど、怒りを爆発させていました。


”経済を取り戻すために、働くために、ロックダウンが緩くなっただけだ!このウイルスの状況で、職を失い、日々食べるお金すらない人もいるんだ!無責任な行動をする人々が、増え続けるならば、ナビッリ地区を閉める!”

と。

まさに、ミラノ市長のおっしゃる通り。

今、ニュース番組で、ミラノの有名病院の医師が、やはり、昨日のミラノの若者たちについて怒りを隠しきれず。

健康と経済は繋がっていると。

健康でなければ、経済の発展は無理と。

当たり前のことだが、個人レベルでも、それは同じこと。健康でなければ、働けない。

これから、様々な姿を持つ、イタリア、ミラノから、感じることをお伝えしていければと思います。

どうぞよろしくお願いします。



ガバナンスの一丁目一番地は社長にある!

下記は岡先生の講演を受講しての感想文です。 1. ガバナンスの一丁目一番地は社長にあるということは全く同感です。戦略性の無い親会社と親子関係になった場合、親会社から出向される経営に無知な社長の登場は子会社社員のモチベーションを如何に簡単に下げるか、見てきました。小さな会社の...