イタリア、中国植民地化の兆候



以前から、特に、ミラノには、中国人が多い。

以前とは、EUができたあたり、2002年以降ぐらいからのような気がする。

ここ数年では、ミラノの住民登録されている苗字のトップ10のうち、3つが、

中国人名である。一番多いのが、Rossiと競い、Hu (胡)。そして、10位内に、Chen, ( 陳), Zhou (周)が、ミラネーゼ典型的な名前であるBrambillaを押しのけている。


ちなみに、多くの外国人で溢れる、ミラノで、ミラネーゼたちの間で、ミラノの郊外へ引っ越す人々も少なくない。私が住む、モンツァ地方も、そんなミラネーゼたちに人気な場所である。


バールで、イタリアのエスプレッソを立ち飲みをする、イタリアの文化。そんな、バールの多くも、今では、中国人経営と変わっている。それは、ミラノに限らず、他の都市や町でも同じこと。


ミラノには、中華街もあり、レベルも様々だが、美味しく中華料理も食べれる。

また、これも、ミラノ、イタリアに限ったことではないが、中華料理のお店で、SUSHIをメニューに入れ、何年も流行である、SUSHIをお店の売りとしているところが多い。なぜ、私がここで、SUSHIと書くか。それは、日本の寿司ではないからだ。

日本人からすると、酢飯も、まったくデリケートでなく、まず、量が多い。そして、魚も新鮮でなかったり、調理場の衛生問題も含め、よく問題にもなってもいる。もちろん、日本人がやる日本食のお店、お寿司のお店も、ミラノに存在するが、数少ない。つまり、日本通でないような多くのイタリア人にとって、SUSHIは、日本食である。そんな、残念な状況は、今に始まったわけではないが。


そして、ミラノといえば、ファッション。たくさんの代表的有名ブランドの本社があるが、多くのブランドが、中国へ生産を移していた。もち