シャンパンやコーヒーでなく。

”第一段階”と言われていた、ロックダウンが終わり、2週間が過ぎようとしているが、今はまだ徐行段階にしか過ぎない。


自動車、ファッション業界を中心に、工場が稼働して、2週間。オフィス勤務はほとんどなく、いわゆるテレワークとして、自宅で仕事をしている人々がほとんど。


2か月もすべてが止まっていて、ようやく工場が稼働した今。個人的には、オフィス関係は、経営者やマネージメントレベル以外は、仕事があるようには思えないが。


そんな周囲の人々に聞いてみると、やはり、日々仕事をしているわけでなく、”テレワーク”とは、家事を避ける口実でもあったり。


来週月曜日、5月18日から、ブティックなど店が開く。

バールやレストランは、6月1日からと言われていたが、ここ2週間、感染者数が落ち着いているため、日々の数字を見ながら、今日か明日、18日から開店できるかが決まる。


これも、州によって、好きなようにやっているようにも見えるが。



写真は、去年2019年冬。


ミラノ大聖堂そばのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ。季節関係なく、大勢の観光客がいた、以前のミラノの日常の一枚。そんなミラノも懐かしく。


ミラノといえば、ファッション。そして、家具。