top of page

事業計画書作成は成功要因を発見する旅

起業家が起業しようと思ったときにすでに商機や成功要因を根拠に起業を決意しているはずです。こうすれば事業は上手く行くだろう。お金もあるし、と言う事で

起業を決意します。その場合、自分の技術力や開発した新製品だけを頼りに販売戦略をおろそかにして、「これはいいだろう、これはいいだろう」だけで起業する開発系の起業家は多くいますが大抵その事業は失敗する。自分の新商品に過信するあまり事業の成功要因を新製品だけに頼って起業するからです。

扱う商品に自信のある方は事業計画をまず作成しましょう。商機はどこにあり、その商機を受注に綱けるにはどんな成功要因が必要か、多くの成功要因を、特に販売面での成功要因を考え出すステップに時間をかけよう。

起業時考えた成功要因はれだけの成功要因だけで大丈夫か、不足する部分があれば何が成功要因かを考え、より成功に近づける方策を検討する。これが事業計画書の役割です。つまり事業計画書を作成する事は頭の中の事業構想をより成功に導くための手段ともいえます。

(写真はあるコーヒーショップ店風景)


0件のコメント

Comments


bottom of page