人生の岐路で貴方は正しい針路をどう選びましたか

これまでの人生で進路が変わるような岐路は皆さん何度位ありましたか。少年時代から高校生になり、大学に入り、就職し、結婚し、仕事をする、職場仲間や先輩との出逢いの中で、人によっては多くの人生の岐路があったと思う。私の場合、リストアップしたら70歳になるまで大小合わせて28回もの人生の岐路がありました。

その岐路にはいくつかの種類に分けられました。他人からの提案や紹介又は新規情報をもとに新しい岐路を選択した例、あるいはその時の流れで変化を受け入れた選択、また反対に他人からの提案や紹介を拒絶した岐路、幸運だった出来事、努力実らず諦めた例、予期せぬ不幸な出来事等が岐路の種類として整理できた。

つまり他人や新しい情報を基に変化を受入、提案や紹介を拒絶、幸運、挫折、不幸。こんな出来事が人生を変えた。

私の28回の岐路の内、全体の78.6%を占める22回の岐路は他人からのアドバイスや新しい情報を受け入れた岐路だった。4回は他人からの提案や推薦を御断りした結果であとは幸運が1回、挫折が1回でした。そして22回の変化の受け入れには2色あり、一つは全く流れのままに受け入れたものともう一つは自ら決断らしい決断を下した岐路でした。

こんな自分ながらの岐路の分析をしていたらこんな結論になった。それは人生の成功要因は次の事かも知れないと。

①夢や目標・志をもっていた時期は前向きに変化を受け入れた。その結果は良かった。

②どんな情報、どんな人物と出会うか。その為には出来るだけ意識して一流の場所に行く。

③良い決断、悪い決断あるが”挑戦は必ずなんらかの成果を産む”

④頑固さや過去に囚われた決断はしない。流れを受け入れることも重要。

⑤他人の好意や提案を無駄にしてはいけない。いつも受け入れる事

(写真は道端に咲く花)