企業のガバナンスについて

経営研究所主催のガバナンスフォーラムで「2019日本企業ガバナンスの現況と課題そして変革のシナリオ」を受講させていただきました。10回にわたる一流講師人による豊富な実務を通した知見に触れることが出来たことは感激であり、小さな企業を育てただけの浅学の身にとっては久しぶりにアカデミックな雰囲気で大変新鮮かつ刺激的な一年間でした。感想を次のようにまとめました。


1.)ガバナンスの主役はやはり社長(CEO)

経営者は成り立ちによって概ね次の4つに分類され、一般にそれぞれの経営者により経営理念についての認識と事業戦略構築力に違いがあるよう推測されます。

①  自ら起業し成長を成し遂げた創業者による経営の場合、経営理念はもと

もと創業当時からの明確な経営信念の下、持続的な戦略的成長をめざし、

企業価値向上を高めようとする創業思想に導かれている場合が多い。     

② 創業者の親族が代々経営者として引き継がれる親族経営の場合は創業

者の経営理念と戦略がそのまま継承され続ける場合が多い。

③  内部昇格経営者、いわゆるサラリーマン経営者による経営の場合には創

業経営者と比較すれば経営に関する意識の違いが生まれ、経営理念や戦略に関する意識も 相違がある場合が多いのではないでしょうか。

④  外部から招聘された実力派経営者の場合はその経営者のそれまでの経

験からくる知見が良かれ悪しかれ経営に強く活かされる事が多いかもしれない。

日本の上場企業の多くの経営者は上記③の内部昇格経営者です。日本の昭和時代の高度経済成長を支え、そしてその後経済低迷の平成時代の経済低迷の一因ともなった社員の一括採用、終身雇用、年功序列の家族的制度の下、育てられた彼らがいかに自社の持続的成長のための確かな経営理念を持ち、企業価値向上のために戦略性をもったリーダーシップを発揮できるかが日本経済再生の鍵を握ります。そこにコーポレート・ガバナンス・コードの重要な存在意義があります。

コーポレート・ガバナンスの狙いは日本企業の持続的成長と企業価値の向上にありますが持続的成長を実現するには成長戦略を構築し、実行できる企業のリーダーの資質と力が必須です。従って成長戦略を自らの言葉で語り、そしてそれを組織の長として実現できる力のある社長(CEO)が存在しなければ例え優秀な外部取締役を揃えようと持続的成長は難しい。日本企業が持続的成長を果たせるかは自社の成長戦略を自分の言葉で語り、実行できる社長(CEO)にかかっていると思います。