top of page

伝統と革新、残すべきか捨てるべきか

 世の中はいつも進化してほしいが、世の中には変えても良いものと変えるべきでないものとがある。世の中の変化は最近は特に激しい。変えてはいけないものも変えてしまってはいないだろうか。そして変えるべきものが中々変えられないものもある。組織には、会社には伝統ともいうべき創業者の”言葉”がある。これは変えるべきか、変えざるべきか。その判断の基準は何だろうか。かつて日本の高度経済成長の三種の神器とも言われた終身雇用、年功序列、新卒一括採用は今や日本低迷の最大の低迷の要因に。変化の激しいこの時代、どんな場合も残すべきか、捨てるべきかの判断はいかに重要か。