優れた社長の条件とは

小生は社長としての事業経験は約20年あります。社員が20人未満の小さな企業でしたが、大企業であれ小規模企業であれ、社長というリーダーの条件はあまり変わらないと考えています。その時期の反省も込めて優れたリーダー、優れた社長(CEO)の条件について自己の経験から挙げてみます。

① 経営理念が明確でその実現にリーダーシップを発揮できること

② 財務が分かり、そのうえで、事業戦略を自分の言葉で語り、事業の行く末を内外に提示できる事。つまり大企業の場合はコーポレート・ガバナンス・コードの精神を理解し、その実践に熱心であること。

 ③ 危機管理感覚が敏感であり社員の安全や衛生を第一に考えること。

 ④ 現場主義を大切にし、第一線で働く社員を大事に思う事。

 ⑤ 明るく誠実、ユーモアもほしい。


ガバナンスの一丁目一番地は社長にある!

下記は岡先生の講演を受講しての感想文です。 1. ガバナンスの一丁目一番地は社長にあるということは全く同感です。戦略性の無い親会社と親子関係になった場合、親会社から出向される経営に無知な社長の登場は子会社社員のモチベーションを如何に簡単に下げるか、見てきました。小さな会社の...