top of page

朝の散歩の習慣は思索に効果的

私は朝の散歩を欠かさない。よほどの嵐でなければ雨が降っても30分は散歩する。通常は1時間は超える。もう30年以上は毎朝、一人ウオーキングシューズに履き替え外にでる。散歩の効用は知られている通りだが、1時間も歩いていると、たいていはその時に抱えているテーマが然と頭をよぎる。よぎるだけでなく、新しいアイデアや発想が生まれる事が多い。それも新しいだけでなく、ナイス・アイデアが生まれる事が多いのだ。だいたい1時間歩けばその行程の70%位過ぎた頃にそのアイデアが生まれる事が多い。散歩の行程の前半ではどういう訳か良いアイデアには繋がらない。行程の半分くらい過ぎると頭の中に酸素が多く吹き込まれるからか、難しいテーマを抱えていたら朝の散歩が良い!!お勧めです。