私の仕事の原点(1)




それは、28年前。


1993年。


イギリス。


ハンプシャー州ウィンチェスターにある、IBMラボ。


当時、イギリスの大学に通い、”将来”について考えるというより、”現在”の自分について、満足が行かずに、アイデンティティーを探していた。


まずは、語学力。


そして、大学で学ぶだけでは、物足りず、夜間で、近所の秘書学校に通った。


また、幼少時からの趣味でもあるピアノの技術を形にしたく、英国王立音楽学校の試験を受けたり。


秘書学校に通ううちに、”働く”ということ、”仕事をする”という体験がしてみたく、教師に相談。すると、近所にあるIBMで、学生を募集しているから、もし興味があれば、連絡してみれば、と言われ。


興味を示し、”IBM Hursley, Paulin”、そして肩書と電話番号だけ書かれた、手書きのメモをもらい、即、大学の寮に帰り、メモを片手に、寮の電話のダイアルを回したことを思い出す。


最近、”働く”ということについて、深く考える中で、そんな、”私の仕事の原点”を振り返ってみたくなった。