• kayobizzarri

デジタルな世の中でのボッテガヴェネタの挑戦とSNSで思うこと



ボッテガヴェネタといえば、イタリア高級ブランドの代表する一つ。

特にバッグが大人気ですが、日本のみならず、世界中にファンが多いことかと思います。

今年に入り、ボッテガヴェネタは、SNSの公式アカウントを閉鎖し、話題となっていました。

スマートフォンが普及し、SNS(ソーシャルネットワーク) フェイスブックやインスタグラムがコミュニケーションツールとなり。

多くの企業が、SNSをマーケティングツールとし、宣伝に、インスタグラムなどは欠かせなくなったのは、イタリアのファッション業界も同じです。

特に、このコロナ時代で、すっかり、ネットを利用して、オンラインでショッピング。宣伝は、デジタルが主体となり。

そんな中、今回の、ボッテガヴェネタSNSからの撤退は、”ラグジュアリーブランド”をアピールするための、新たな、そして、ボッテガヴェネタのモットーでもある、”less is more"を象徴するかのようなシンプルなマーケティングの作戦のような気がします。

また、今後、他の高級ブランドも、SNS離れをするようになるのか、注目でもあります。

個人的に、今回のボッテガヴェネタの、思い切った、SNS離れは、とても評価し、興味深く感じています。

私自身、まったく”ソーシャル”な人間ではないのですが。

フェイスブックは、一応持っていましたが、2年前にアカウントを閉鎖しました。

暇なとき、一日に一回は眺めていましたが、ここ数年、イタリアでも、下火となってきているのは、目に見えていました。あと、個人的に、使い方が下手だからかもしれませんが、SNSで繋がっている友人と思っていた人々とは、付き合いが浅くなり、もしくはほとんど連絡することがなく、本当に友人として繋がっている人とは、フェイスブック以外で繋がっているから。

まったく、”ソーシャル”ではない私ですが、やはり、インターネット、テクノロジーには、本当に助けられていて、こうして、自分の書いた拙い文章を、日本や海外の多くの人々に読んでいただいたり、心やさしいコメントを頂いたり。

そして、このコロナ時代、オンラインで、海外の人たちと仕事ができたり。

テクノロジーがあるからこそ、遠く離れた人々とのつながりを持てることにも感謝。

こうして、ネットを使って、仕事や、趣味でこうしてブログを書くことで、コミュニケーションが図れるからこそ、言葉や画面を通しての、人と人とのつながりを、大事にしたいと、ボッテガヴェネタの新しい広告を見ながら、感じました。

ガバナンスの一丁目一番地は社長にある!

下記は岡先生の講演を受講しての感想文です。 1. ガバナンスの一丁目一番地は社長にあるということは全く同感です。戦略性の無い親会社と親子関係になった場合、親会社から出向される経営に無知な社長の登場は子会社社員のモチベーションを如何に簡単に下げるか、見てきました。小さな会社の...