デジタルな世の中でのボッテガヴェネタの挑戦とSNSで思うこと



ボッテガヴェネタといえば、イタリア高級ブランドの代表する一つ。

特にバッグが大人気ですが、日本のみならず、世界中にファンが多いことかと思います。

今年に入り、ボッテガヴェネタは、SNSの公式アカウントを閉鎖し、話題となっていました。

スマートフォンが普及し、SNS(ソーシャルネットワーク) フェイスブックやインスタグラムがコミュニケーションツールとなり。

多くの企業が、SNSをマーケティングツールとし、宣伝に、インスタグラムなどは欠かせなくなったのは、イタリアのファッション業界も同じです。

特に、このコロナ時代で、すっかり、ネットを利用して、オンラインでショッピング。宣伝は、デジタルが主体となり。

そんな中、今回の、ボッテガヴェネタSNSからの撤退は、”ラグジュアリーブランド”をアピールするための、新たな、そして、ボッテガヴェネタのモットーでもある、”less is more"を象徴するかのようなシンプルなマーケティングの作戦のような気がします。

また、今後、他の高級ブランドも、SNS離れをするようになるのか、注目でもあります。