• kayobizzarri

2年前の夏と今年の夏

イタリア、ミラノだけでなく、世界中が同じように。

夏真っ只中ではあるが、去年までの夏とは違う夏。

休暇で閉店をしているのとは、違う意味で、つまりウイルスの影響のために、閉店されているお店も少なくない。


普段のこの季節のミラノは、人が少なく。

それは、休暇へ出る人々が多いから。


今年の夏は、ウイルス問題も関係なく、リッチな人々たち、そして、このウイルス問題でも働けた人々たちは、休暇へ出ている様子。イタリア、国内で、美しいリグーリア州や、シチリア、サルデーニャで、休暇を過ごす人々、そして、あまり遠出をせずに、近くの山などで、暑さをしのぐ人々など、様々。

また、まだまだテレワークが続くミラノの企業ですが、場所を選ばずに、海辺で仕事ができたりと、コンピューターとインターネットさえあれば、どこででも働けてしまう時代になってきているような気もする。

わざわざ、物価の高いミラノに住んで、働く必要がなくなる傾向にでもなってしまうのか。

それでは、ミラノでお金を費やす人が少なくなってしまい、そうなると、ミラノの経済は回らなくなる。

もちろん、ミラノに限ったことではないが。

先日、ニューヨークに住む友人も、同じ話をしていた。

これは、2年前の9月のミラノ。ちょうど、例年のように開催されていたファッションウイークもあり、渋滞。そして、休暇が終わり、日常が戻り、ミラノに人があふれていた。そのときは、何気に、日常を撮った一枚であるが、今となっては、懐かしい。


コロナ前とコロナ後を、BC(ビフォアーコロナ)、AC(アフターコロナ)とも呼ぶらしい。


価値観や働き方さえも変えてしまった、ウイルス。


”この”状況で、このミラノで、自分に何ができるのか、何をしたいのか、何をすべきかを模索する。


今日のイタリアの感染者数は、255名。死亡者5名。そのうち、ロンバルディア州内の感染者数は、74名、死亡者は、3日連続でゼロ。

と、3月、4月のあの最悪な状況から比べれば、ずっと落ち着いてきてはいるが、油断はできない。


以前からある移民問題で、シチリア近くのランペドゥーサ島に、日々、移民が到着する。昨日は、108名到着。そのうち、25名が、PCR検査で陽性。また、数日前は、やはり、ランペドゥーサから、ボートでやってきた移民の集団。ウイルス問題で隔離されていた施設にいた移民のうち、チュニジア人の25名が、夜中、逃走したことなどもニュースになっていた。危うく、この25名は、前もってやっていた検査で、陰性だったとのことだったが。


ガバナンスの一丁目一番地は社長にある!

下記は岡先生の講演を受講しての感想文です。 1. ガバナンスの一丁目一番地は社長にあるということは全く同感です。戦略性の無い親会社と親子関係になった場合、親会社から出向される経営に無知な社長の登場は子会社社員のモチベーションを如何に簡単に下げるか、見てきました。小さな会社の...